M-pro.jpg

現場blog

リフォームコンサルタント

東大阪 中古住宅 リフォーム リノベーション
東大阪の中古マンションリフォームはカプライトップへ ->  マンションリフォームを選ぶ10の理由  -> 中古マンションは、修繕積立金と消費税がお得

中古マンションは、修繕積立金と消費税がお得

中古マンションは、修繕積立金と消費税がお得!中古マンションは、なんといっても価格がいちばんお得ですが、そのほかにも得をすることがあります。それは、修繕積立金と、消費税です。

マンションを購入し、入居したら毎月支払わなければいけないのが、修繕積立金です。たとえば築10年のマンションを買ったとして、10年前に新築で買った人は、10年間修繕積立金を払っていることになります。もし築10年目にマンションを購入し、入居10年後、つまり築20年後に外壁に修繕をするとしたら、あなたが支払う修繕積立金は、10年分でいいのです。とてもお得じゃないでしょうか?

また、マンションの修繕積立金は、当初、マンションを販売する住宅会社が決めます。その際、売りやすいように安く設定している場合があり、後に管理組合で見直したときに、金額を上方修正することもよくあります。その点、中古マンションの場合、最初から金額がわかっていますので、月々の支払い計画が建てやすいという利点もあります。

もう一つお得なのは、消費税です。新築マンションや一戸建ては、住宅会社が商売として販売しますので消費税がかかります。土地のみの購入でもそうです。金額が大きいため、消費税の金額も大きいです。ところが、中古マンションの場合、消費税がかからないことがあります。企業として商売するのではなく、個人と個人で売買するのであれば、消費税はかかりないのです。これから消費税が上がっていくことは避けられませんから、新築マンションよりも中古マンションの方がよりお得、というわけです。


東大阪の中古マンションリフォームはカプライトップへ ->  マンションリフォームを選ぶ10の理由  -> 中古マンションは、修繕積立金と消費税がお得