M-pro.jpg

現場blog

リフォームコンサルタント

東大阪 中古住宅 リフォーム リノベーション
東大阪の中古マンションリフォームはカプライトップへ ->  マンションリフォームを選ぶ10の理由  -> 中古マンションは新築マンションに比べ立地が良く安い!

中古マンションは新築マンションに比べ立地が良く安い!

立地が良く、価格も安いいま、新築マンションを検討中の方もおられることでしょう。でも、ちょっと立ち止まってみてください。立地、間取り、仕様、住まい方など、あなたが本当に満足する新築マンションがありますか?

新築マンションを建てる際、業者は土地から購入しますが、すでにマンションが立ち並んでいる都心で良い土地を確保することは至難の業です。それがたとえば20年前だったとしたら、今よりも駅に近く、ショッピングに便利な場所はたくさんあったはずです。その土地にマンションが建てられていったわけで、それが現在の「中古マンション」です。街を見直してみると、意外にいい場所に中古マンションが立っていませんか? 中古マンションは、マンションの一番の条件、立地が優れているのです。

中古マンションのもう一つの魅力は価格の安さです。安いからといって強度や構造に差があるわけではなく、新築マンションの価格には、多大な広告費やモデルルーム建設費、売り出し費用などの経費が上乗せされているのです。新築マンションは、完成したときがいちばん価値が高いのですが、その価値は年々下がっていきます。10年も経てば当初の価格の約半分近くになっている場合もあります。つまり、「建物本来の価値」にではなく、「新しさ」にお金を払うというわけです。

中古マンションは、構造や管理状態をあまり考慮されず、築年数で評価されます。構造や管理状態がよくない10年前のマンションと、構造も管理状態もしっかりしている20年前のマンションでは、後者のほうが安くてお買い得ということです。リフォーム費用を足しても、新築マンションを買うよりも安くつきます。


東大阪の中古マンションリフォームはカプライトップへ ->  マンションリフォームを選ぶ10の理由  -> 中古マンションは新築マンションに比べ立地が良く安い!